↓HP is click↓
有限会社宝殿レーシングカスタムショップ宝殿
当ブログでは、販売しております車両の入庫から分解・点検・整備・修理迄の全てを紹介しております。
是非ご覧の上で当店での作業、ご来店お待ちしております。

〜Stock Car〜


〜CARBURETOR〜気化器編

DSC_1160.JPG

 

キャブレターの点検に入ります。

入庫時、「実働の好調車」のキャブレターの実態を探ります。

 

DSC_1163.JPG

 

一切の腐り無く綺麗。

フロート

割れ無し。

 

DSC_1164.JPG

 

パッキン

千切れはありませんが、ゴム製のパッキンは無条件で新品に交換です。

 

DSC_1165.JPG

 

フロートバルブ

画像では分かりにくいですが、完全に段減りしています。

もう少しでガソリンが漏れるところでした。

新品に交換です。

 

DSC_1166.JPG

 

ニードル

摩耗無く良好

 

DSC_1167.JPG

 

オートチョーク

摩耗無く良好

 

DSC_1168.JPG

 

勿論新品に交換。

 

DSC_1169.JPG

 

メイン&スロージェット&パイロットスクリュー

綺麗です。

非常に良好です。

Oリングのみ新品に交換。

 

DSC_1170.JPGDSC_1171.JPG

 

中身は非常に綺麗です。

「実働の好調車」

今回の車両は文字通りでした。

フロートバルブとパッキンは要交換ですね。

後は洗浄して組み上げれば完成です。

 

DSC_1250.JPGDSC_1252.JPGDSC_1253.JPG

 

専用のクリーナーで念の為、洗浄も兼ねて通路の確認をします。

 

DSC_1255.JPGDSC_1256.JPGDSC_1261.JPG

 

外も中も点検、洗浄完了。

組み上げます。

 

DSC_1258.JPG

 

今回用意した新品パーツです。

・パッキン×3

・フロートバルブ

 

DSC_1262.JPG

 

純正では、パイロットスクリューのOリングのみの販売設定はありません。

パイロットスクリューASSYでのみ手に入ります。

このような時は、同寸法の耐ガソリン性の汎用Oリングを使用します。

左が新品です。

比べると、使用するにつれゴムがこれだけサイズが変わるか一目瞭然です。

 

DSC_1260.JPG

 

新品のフロートバルブです。

この状態が正常です。

黒い円錐部分で、ガソリンの通る穴を閉じたり、開いたりするパーツです。

上記を繰り返し作動しています。

その結果、「蓋」として作動する際、穴と接触する部分が徐々に摩耗していき

 

DSC_1165.JPG

 

このように「段」減りし、

最終的には、「蓋」をしきれずガソリンを止める事が出来ず

キャブレター内では収まらないガソリンが外へ漏れてくる

と云う仕組みです。

 

DSC_1263.JPG

 

組み上げます。

 

DSC_1265.JPG

 

キャブレター完成。