↓HP is click↓
有限会社宝殿レーシングカスタムショップ宝殿
当ブログでは、販売しております車両の入庫から分解・点検・整備・修理迄の全てを紹介しております。
是非ご覧の上で当店での作業、ご来店お待ちしております。

〜Stock Car〜


〜DRIVE SYSTEM〜駆動系編

駆動系の点検・整備を行います。

先ずは現状を確認致します。

 

DSC_0976.JPG

 

Vベルト

使用限度を超え、切れる直前です。

勿論交換です。

 

DSC_0977.JPGDSC_0978.JPG

 

クラッチ

良好です。

30000km走行車ではありますが、巡行走行などが主な場合クラッチの消耗は少ないです。

逆を云えば、距離は少なくても発進、停止、発進。。。などの運転はクラッチの消耗は多くなります。

グリスアップを行い継続使用です。

 

DSC_0972.JPGDSC_0973.JPGDSC_1223.JPG

 

プーリー、フェイス

フェイスは良好ですが、プーリーのベルト当たり面に「段」が付いていますので、

新品に交換致します。

 

DSC_0970.JPG

 

ランプレート

「段・削れ」無く、良好です。

継続使用です。

 

DSC_0969.JPG

 

ウェイトローラー・スライドピース

大きな消耗はありませんが、

ウェイトローラー・スライドピースは無条件で新品に交換です。

 

DSC_0971.JPG

 

プーリーボス

「段」無く良好です。

継続使用です。

 

DSC_0974.JPG

 

フェイスの外側です。

汚れは酷いですが、問題無し。

 

DSC_1039.JPG

 

クランクケースカバー

点検後、清掃、グリスアップを行います。

 

確認は以上です。

整備に入ります。

 

DSC_1040.JPGDSC_1041.JPG

 

クランクケースカバーを分解しました。

ここが故障する事はまずありませんが、

今回もギアの欠け無く良好です。

 

DSC_1042.JPG

 

クランクケースカバー

洗浄

 

DSC_1043.JPGDSC_1045.JPG

 

各部しっかりとグリスを塗布し

 

DSC_1046.JPG

 

カバー完成。

 

DSC_1229.JPGDSC_1230.JPG

 

クラッチ

グリスを塗布し、

 

DSC_1231.JPG

 

余分なグリスを拭き取り、

 

DSC_1232.JPG

 

完成。

 

駆動系を組んで行きます。

 

DSC_1222.JPG

 

今回用意した新品パーツです。

・純正プーリー

・NTB Vベルト

・PFP ウェイトローラー スライドピース

 

DSC_1059.JPG

 

クランクケース

洗浄

 

DSC_1224.JPG

 

クランクケース

必要箇所にグリスを塗布。

 

DSC_1225.JPG

 

プーリー・ウェイトローラー

ウェイトローラー、スライドピースの当たり面にグリスを塗布。

 

DSC_1226.JPG

 

スライドピースをランプレートに組み、

プーリーに組み付け、

 

DSC_1228.JPG

 

装着。

プーリーボスも装着。

 

DSC_1233.JPG

 

クラッチ・Vベルトを装着

 

DSC_1234.JPG

 

フェイスを組み付け、

完成。

 

次の整備に入ります。