↓HP is click↓
有限会社宝殿レーシングカスタムショップ宝殿
当ブログでは、販売しております車両の入庫から分解・点検・整備・修理迄の全てを紹介しております。
是非ご覧の上で当店での作業、ご来店お待ちしております。

〜Stock Car〜


〜WAREHOUSING〜入庫編

ホンダ トゥデイ 50 AF67型 2011年式 メーター表示距離29340km FI車

入庫致しました。

現状、エンジンは不動で圧縮が無いという事だけ確認しております。

整備に入る前に、現状をご確認下さい。

 

DSC_0823.JPGDSC_0812.JPGDSC_0800.JPGDSC_0836.JPG

 

細かく確認致しましょう。

 

DSC_0802.JPG

 

テールランプ&Rフェンダーは加工し、カスタム致します。

 

DSC_0804.JPG

 

レッグシールド&ステップボード[サンレイプ・中]

 

DSC_0806.JPG

 

29340km

当型は、ガソリンメーター付

 

DSC_0805.JPG

 

印字部塗装剥げ。

ステッカーを張り、対応致します。

 

DSC_0807.JPGDSC_0808.JPG

 

グリップは、約30000km走行車の為[削れ小]

グリップは好みが分かれる部分ですので、あえて交換せず継続使用。

 

DSC_0810.JPG

 

マフラー後部[錆・中]

 

DSC_0811.JPG

 

エアクリーナー後部[オイル滲み・中]

 

DSC_0813.JPG

 

フロントホイール、一見綺麗ですが少し錆がありますので塗装致します。

 

DSC_0814.JPG

 

ステップボード右側[擦り傷・小]

ペーパーで表面を慣らし、塗装。

 

DSC_0815.JPG

 

エキパイ[錆・小]

マフラーは塗装致します。

 

DSC_0816.JPGDSC_0817.JPG

DSC_0821.JPG

 

ボディーカバー右側[擦り傷・小]

磨きを入れ、消えなければ継続使用。

 

DSC_0842.JPG

 

フロントボディーカバー

塗装表面傷有り

こちらも磨きで消えなければ継続使用。

 

DSC_0818.JPG

DSC_0832.JPG

 

ブレーキレバー

転倒傷無し。

 

DSC_0824.JPG

DSC_0825.JPGDSC_0826.JPG

 

レッグシールド&ステップボード左側結合部

隙間有り。

組み直し時、修復可能です。

 

DSC_0827.JPG

 

メインスタンド

コーナー時の擦り傷がありました。

塗装致します。

 

DSC_0829.JPGDSC_0830.JPG

 

ボディーカバー左側も擦り傷・小が見受けられます。

 

DSC_0831.JPG

 

レッグシールド左側[削れ・中]

ペーパーで表面を慣らし、塗装致します。

 

DSC_0833.JPG

 

ヘッドライトリム[削れ・中]

ペーパーで表面を慣らし、塗装致します。

 

DSC_0835.JPG

 

簡易的なシートカバーを外すと、このような状態でした。

NTB製シートカバーに張り替え致します。

 

DSC_0839.JPG

 

フロントフェンダー割れがありますが、実は今回ワンオフのフェンダーを装着予定です。

 

DSC_0840.JPG

 

フォークブーツは左右破れてますので交換です。

 

DSC_0844.JPG

 

メットインは綺麗です。

実はメットインの状況で、前オーナー様がどのように扱っていたか分かったりします。

 

DSC_0849.JPG

 

マフラーカバーも割れていますが、マフラーカバー「レス仕様」にする為不要です。

マフラーカバーのステーもきちんと対応致しますので、ご心配無く。

 

それではここから、外装を外し「中身」を見ていきます。

 

DSC_0878.JPGDSC_0876.JPG

 

細かく確認致します。

 

DSC_0853.JPGDSC_0858.JPGDSC_0856.JPGDSC_0860.JPGDSC_0864.JPGDSC_0867.JPGDSC_0871.JPGDSC_0881.JPG

 

蜘蛛の巣と埃で一見汚いですが、

クラック、ステー類曲がり、錆無く

良好な状態で、洗浄のみで綺麗になりそうです。

 

DSC_0855.JPG

 

イグニッションコイル

端子部[錆・無]

 

DSC_0856.JPG

 

メインハーネスも綺麗です。

 

DSC_0861.JPG

 

クランクケース左側

削れ無く、綺麗です。

すり抜け時、道路縁石部に接触し削れている車両もあります。

 

DSC_0873.JPG

 

破れ無く、硬化もしておらず良好。

 

DSC_0875.JPG

 

メットイン金具部も削れ無し。

 

DSC_0880.JPG

 

マフラーカバーを外すとステーが曲がっていました。

しかし、ステーを除去致しますので問題ありません。

 

現状確認は以上です。

これから整備に入ります。